忍者ブログ

とりのとりこ*フェルトバード

〜羊毛フェルトで作る鳥の世界〜 羊毛フェルト教室&愛鳥を綴る日記

「にわとりの親子」受講の皆様へ

11月15日(火)と12月3日(土)に開催の「にわとりの親子」ワークショップへお申込いただいた皆様へのご連絡です。

西武渋谷店での開催になりますが、3月にここでワークショップを開催した際に、受付で迷われた方が結構いたので、受付手順と持ち物について説明します。

まず入り口ですが、大きな正面玄関ではなく、一番手前(駅側)にある小さな入り口の奥にあるエレベーターを使って7Fへ上がってください。

エレベーターを下りて左へ進むと、すぐに会場となりますが、まずは会計が先となりますので、そのまま直進して小さな階段を上がって、右斜めの方向に進んでいただくと、手芸売り場のレジがあります。ここで受講料をお支払いしてから、教室会場へお越し下さい。

道具をお持ちでない方で、マットを当日購入される方は、先に手芸売り場でマットを手にしてからレジへ行き、受講料とマットの会計を済ませてください。
ニードルは事前予約をいただいた方のみ私から直接お渡ししますので、お声がけください。

持ち物は、ニードル(普通針+細)・マット・先端の尖った小さめのハサミ・普通のハサミ(orニッパー)です。チャコペンは持っている人のみお持ちください。持ってない人には貸し出しします。

今回の課題では「先端の尖った小さなハサミ」が必要不可欠なので、これを必ずお持ちください。理想は画像のような赤いハサミですが、大きさよりも先端が尖っている事が重要となります。時々眉毛用のハサミをお持ちの方もいらっしゃいますが、先端がまっすぐならギリギリ使えますが、先端がカーブしているものは使えないので避けてください(2本までなら貸し出し可能)

普通のハサミ(orニッパー)は、鳥の巣の余分な枝を切るのに使いますが、仕様によっては使わない場合もあります。鳥の巣は作りが1個1個バラバラなので、先着順で選んでいただこうと思います。使うかどうかは選んだ巣によりけりですが、念のため安物のハサミ1本(orニッパー)をお持ちください。

それでは以上になりますがよろしくお願いいたしますemoji

12月3日(土)の回も只今受付中ですemoji詳細はこちらでご確認ください↓
https://www.sogo-seibu.jp/shibuya/kakutensublist/?article_seq=210434


拍手[0回]

PR

とりのとりこ

 (ブログを書いてる人)


所属:アトリエ*torico 社長
仕事:羊毛鳥人形の先生
   ぶちょーの遊び相手
    〃 オモチャ作り 趣味:鳥人形作り
好き:チョコ・生フルーツ
嫌い:ドライフルーツ全般
   火を通したフルーツ
  (いちごジャムなど)
 

ぶちょー

 (クルマサカオウム)


所属:アトリエ*torico 部長
仕事:食べて寝て破壊活動
関係:とりこの子供
趣味:かちょーを噛んで
   喜ぶ

もっと詳しく知りたい人は...
  →ここをクリック
 

かちょー

 (とりこの夫)


所属:アトリエ*torico 課長
   &とりの家の家長
仕事:鳥かごの掃除係
   (別名:ウンコ係さん)
関係:とりこの良き夫
   ぶちょーの家来
趣味:ぶちょーに噛まれて
   喜ぶ
 

このブログの購読者になる

ブログの更新情報をメールでお届けします。アドレスを入力後決定を押してください。(管理者にアドレスは通知されませんのでご安心下さい)
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
Copyright ©  -- とりのとりこ*フェルトバード --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]