忍者ブログ

とりのとりこ*フェルトバード

〜羊毛フェルトで作る鳥の世界〜 羊毛フェルト教室&愛鳥を綴る日記

ぶちょーさんの苦労話

本日発売の愛鳥家専門誌「ALL BIRD(オールバード)」の特集ページに私の作品とぶちょーさんが紹介されました〜emoji

記事の中で、今まで語った事のない、ぶちょーさんの頭が良すぎるがゆえのオモチャに関する苦労話を掲載していただきましたが、文面だけではどれだけ頭がいいのか伝わりにくいと思いましたので、まずはこちらの動画をご覧ください。

このオモチャはナットが4個ついています。



そのナットを全て外してボルト2本を引っ張って取り出し、アクリルのフタを開けると、ご褒美のペレットが食べれるという仕組みです。

使っている道具はこんな感じです。

ぶちょーさんはこの行程をわずか15秒でクリアしてしまいます。

元々はボルト3本、ナット6個にしていて、上部にチェーンをじゃらじゃら巻き付け、さらにダブルリングで固定して、全てを取り外さないと食べれない仕組みにしていましたが、そのおもちゃの準備をする人間の方があまりにも大変すぎて、現在のシンプルな形となりましたemoji

なぜこんな風にご飯を食べさせているかというと、ぶちょーさんは生まれつきの特異体質&いろいろな諸事情があり、獣医師指導のもと食事制限をしています。その結果、かじれる物は何でも食べてしまうようになってしまい、かじれるオモチャは例え「食べても安全」と言われる物であっても我が家では与える事が禁止されています。止まり木さえも食べてしまい命の危険があるため、絶対にかじれない素材のものを手作りで使っています。

そのような事情で、おもちゃとして使える素材はステンレス(鉄やアルミは不可)、4mm厚以上の強固アクリル、頑丈な水道パイプの3種類しかありません。ただしアクリルは中に入れっぱなしにするとかじられてしまうので、私が監視できる時だけ遊ばせ、遊び終わったらすぐに取り上げます。なので基本的にケージの中に入れっぱなしにできるオモチャはステンレス限定です。

また、このブログを長く読んでいただいている人はご存知かと思いますが、前著を出版した時に撮影のため3日間お留守番をさせ、その直後にぎっくり腰になって寝込み、丸々1週間ぶちょーさんと遊ぶ事ができなくなってしまい、それをきっかけにぶちょーさんは毛引き(毛かじり遊び)をするようになってしまいました。

この毛引きを直す為にはかじり系のオモチャであそばせるのが有効なんですが、上記の事情でかじり系おもちゃはいっさい与える事ができず、また食事制限で一日に与えられるペレットの量にも制限があるため、いかにして量の少ないペレットを時間をかけて食べさせるかが重要な課題となってきます。そのためぶちょーさんのオモチャはもっぱら知育系オモチャ(中におやつを入れて、頭を使って取り出さないと食べれない)が中心です。しかし大型鳥の知育系オモチャってとにかく値段が高い…emojiそれでも、なんとか毛引きを直したくて、手当たり次第使えそうなオモチャは買いまくりました。

しかーし!ここでさらに困った事が発覚。ぶちょーさんってば異常に頭がいいんです。
最初はオモチャにビビって近づけないものの、見た目に慣れてしまえば1日で知育おもちゃをクリアしてしまいます。しかも秒殺。
数年かけてネット売られているオモチャはほとんど買い尽くしたけど、どんなに難易度の高いオモチャであっても、ぶちょーさんにしてみれば簡単すぎて役に立つ物がありませんでした。

追いつめられて後がなくなった私には最終的に「オモチャは自分で作る」という選択肢しかなくなり、毎週のようにホームセンターに入り浸ってはオモチャに使えそうなステンレスパーツを買い漁る日常が続くようになりました。

自分で言うのもなんですが、昔からアイディア出しに関しては人一倍発想力があると自負しているので、DIYは未経験ながらも、工具の使い方をネットで勉強しながら、今まで結構な数のオモチャを作ってきました。その数100個は軽く超えています。そんな苦労の甲斐もあって、一番ひどいときは胸の毛がなくなり肌が露出する所までいったぶちょーさんでしたが、完全にもとの姿に戻る事ができました。

さらにしかーし!超難易度高めのオモチャも2〜3週間もたてばやっぱり簡単にクリアできるようになってしまうんです(それが冒頭の動画の状態です)。私が難易度の高いオモチャを作れば作るほど、ぶちょーさんの知能もどんどん高くなってしまうため、そのうちだんだんと私のアイディがぶちょーさんに追いついていけなくなり、再び毛引き(毛かじり)が再発。本来は複数のおもちゃを数日置きにローテーションで変えていくのがベストなんですが、とにかく1つのオモチャが完成するまでに時間がかかるし、そもそもアイディア出しも底をついて来たので、ぶちょーさんがクリアできないオモチャを考える事がここ数年の私の悩みとなっていますemoji

もう、近所のホームセンターで売られているステンレスパーツはほぼ買い占めたので、外出先でホームセンターを見かけると、吸い寄せられるようにステンレス売り場に立ち寄り、何時間も居座っては「うーんemojiうーんemoji」とうなってます(かなりあやしい客に見えるようで、私服警官らしき人にウロウロされた事は何度もありますemoji

以前ほどのひどい毛引きはなくなったものの、毛引きとオモチャは私に課せられた一生の悩みと化すのでありました。あらゆる鳥の専門家にもいろいろと相談もしましたが結局解決策は見つからず、自力でオモチャを開発するしか今の所道がありません(涙)
誰かステンレスで使えそうなオモチャのアイディアがあったら教えてくださいemoji

↓本来の使用目的もわからずとりあえず買い漁ったステンレスパーツのごく一部

拍手[11回]

PR

とりのとりこ

 (ブログを書いてる人)


所属:アトリエ*torico 社長
仕事:羊毛鳥人形の先生
   ぶちょーの遊び相手
    〃 オモチャ作り 趣味:鳥人形作り
好き:チョコ・生フルーツ
嫌い:ドライフルーツ全般
   火を通したフルーツ
  (いちごジャムなど)
 

ぶちょー

 (クルマサカオウム)


所属:アトリエ*torico 部長
仕事:食べて寝て破壊活動
関係:とりこの子供
趣味:かちょーを噛んで
   喜ぶ

もっと詳しく知りたい人は...
  →ここをクリック
 

かちょー

 (とりこの夫)


所属:アトリエ*torico 課長
   &とりの家の家長
仕事:鳥かごの掃除係
   (別名:ウンコ係さん)
関係:とりこの良き夫
   ぶちょーの家来
趣味:ぶちょーに噛まれて
   喜ぶ
 

このブログの購読者になる

ブログの更新情報をメールでお届けします。アドレスを入力後決定を押してください。(管理者にアドレスは通知されませんのでご安心下さい)
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
Copyright ©  -- とりのとりこ*フェルトバード --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]