忍者ブログ

とりのとりこ*フェルトバード

〜羊毛フェルトで作る鳥の世界〜 羊毛フェルト教室&愛鳥を綴る日記

棚完成

またまた羊毛フェルトと関係ない什器制作ブログになりますが、一生懸命やってるのでどなたかお付き合いいただければ幸いですemoji

前回、色塗り前の棚をお見せしましたが、ボルトを差し込む穴の位置が数カ所ずれてたので補修作業をします(絶対失敗すると思ったemoji

穴の補修として「パテ」が売っていますが、ネットで調べたら着色した時に色が目立つらしいので、ご飯粒と木屑を混ぜたものを埋め込んだら綺麗に穴が隠せました。

これは覚えておくと役にたつかも。

別の板裏に鬼目ナットを埋め込み、

足と板を裏からネジで固定して崩れないようにしました。


この棚はミニチュアマスコット専用で、サイズが小さいからここまでしなくても大丈夫なんですが、テンション上がった子供が突進してくる事もあるので念には念を入れました。

そしてようやく色塗りに入ります。
色を塗る前に、木に傷をつけて木目を強調させます。

おぉ〜、いい感じに木目が出た〜emoji

こちらが組み立てに使用しているボルトですが、金属感でディスプレイの雰囲気を壊さないように、表側に見えるボルトは頭に色を塗って目立たなくしました。

そして完成した棚がこちらですemoji

どうどう?素人の割にはそこそこ立派な出来じゃありませんか??(゚Д゚≡゚Д゚)?
(一人寂しく作業してるので誰か褒めて〜〜〜)

ようやく棚が完成したので、次は背景を飾る小道具作りに入ります。
いよいよラストスパートだーemoji

拍手[5回]

PR

イベント出展のお知らせ

minneハンドメイドマーケット2018」に出展する事が決まりましたemoji
場所は東京ビックサイトで、私は4月28日(土)1日のみの出展です。
大きなイベントに出るのは初めてなので緊張する〜emoji

ハンドメイドイベントを見るのが好きであちこち回ってますが、中でもこのイベントはダントツで楽しいんですけど皆さん行ったことありますか?
minne、ホビーショー、ホビークッキングフェア、3つのイベントが同時開催されるお得なイベントなのです。

minneは個人作家が参加するハンドメイドイベント、ホビーショーは企業や団体の出展、クッキングフェアは食品会社が出展しているんですが、このクッキングフェアがとにかく楽しいemoji(ハンドメイドじゃなくてそっちかーい!)

ほとんどの食品会社が試食品を提供しているので、色んなものが無料で食べ放題なのです(しかも普通の試食よりもボリューム多目なのが嬉しいemoji

体力のある午前中にminneを見て、お昼前にホビーショーを見て、お昼過ぎたらクッキングフェアで美味しい試食でお腹を満たし、喉が渇いたらお酒を飲んでおつまみを食べ、食後のデザートを食べ、そして体力がなくなって疲れたら気に入ったものを買いまわって、ほろ酔い気分で帰るというのが毎年恒例行事となっていました(もちろんハンドメイドイベント見るのも楽しいですよemoji)。

行ったことのない人には是非オススメしたいイベントですemoji

自分の出展よりクッキングフェアの宣伝になってしまいましたが、4月まで約2ヶ月。
販売作品は今手元にあるものでなんとかなるので、とにかく什器制作を急がねば。

何度か調整を繰り返してようやくここまで完成しました。
完成間近に見えるかもしれませんが、実はここから先が結構やる事たくさんあるので今月中にはなんとかディスプレイを完成させたいですemoji

拍手[3回]

ドバト

池袋コミカレ「羊毛フェルトで作るリアル鳥講座(土曜×6回)」の4月期のお知らせです。

皆さん覚えていらっしゃるかと思いますが、去年西武渋谷店で鳥イベントに展示参加した時に目玉作品としてお披露目した鳩です。
課題にする予定は全くなかったんですが、これを作りたいと生徒さんからお声があり時間計算したところ、苦労した割には時間的は全然余裕だったので開催する事にしました。

本当はリアル鳥講座の第1回目に鳩をやる予定だったんですが、不人気で没になった過去があったので、鳩好きな私的には作りたい人が増えてくれて嬉しい限りですemoji

ただーーーし!普段教室用の作品を作る時は、どこかしら難易度を下げて作りやすくしてますが、この作品は相当気合いをいれたものなので、難易度の高さは覚悟して下さいねーemoji

いつもの講座より時間的にはゆとりはあるけどグラデーション地獄の作品です。グラデーションテクニックの中では最上級の難易度かもしれません。逆に言うならグラデーションテクニックを極めたい人にはうってつけの作品ですemoji

羊毛フェルト経験者限定クラスですが、今の時点で未経験でもマスコット作品を5個くらい練習して、なんとなくでいいので作業の仕組みを理解していればご参加いただけます。
ただし絶対条件として全6回休まず受講をお願いします。来れない日がある方は大変申し訳ありませんがお申込みをご遠慮ください。
(リアル鳥講座受講歴のある方に限り、最終回以外ならお休み対応可能です。初回をお休みされる場合は2月中に池袋コミカレまでご連絡をお願いします。)

ご検討よろしくお願いいたしますemoji

池袋コミュニティ・カレッジ リアル鳥講座 4月期「ドバト」
日程:4/14, 5/12, 6/9, 7/14, 8/18, 9/8(全て土曜日、8月のみ第3週)
13:30~16:30(全6回)
※一般受付は2月25日10時~(電話受付は13時~)
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_748331.html

拍手[2回]

ツバメの親子

ここしばらく木工制作ブログとなっておりましたが、そろそろ4月期講座のご案内時期になって参りましたので、通常のブログに戻ります^^;

4月は土日両講座とも新規講座スタートとなりますので、まずは日曜×3回プチリアル講座の作品から発表します。
課題作品「ツバメの親子」(鳥の巣付き)

前から「ツバメを作りたい」とリクエストは頂いていましたが、リアル系統で作るとなると、親鳥1羽だけでも時間が足りないのと、何と言っても「やっぱりツバメにはヒナが欠かせないでしょう〜」という理由から、今回はマスコット系統の作品となりました。

ママを見つめるヒナの笑顔が可愛いでしょemoji

リアル作品に憧れる人から見ると、マスコットって簡単そうに見えるかもしれませんが、実はリアルよりも模様の刺し方にごまかしが効かないし、正面から見た時、左右対称の崩れがモロに出るし、黒や紺など濃色の表面を綺麗に刺すのって意外と難しかったりするのです。

そして今回、最も難易度が高い点は親鳥の尾羽です。

これは慣れてる生徒さんでも手こずりそうな予感。ふふふ...emoji

池袋講座ではリアル系統の作り方を教えているので、いきなりレベルの高い内容を教えていますが、本当はマスコットから入った方が羊毛フェルトの基礎をしっかりと学べるので、今回の講座は初心者の人にかなりオススメです。

そして継続受講されている方の中には、作業が早い人もいるので、今回の課題作品では皆さんの経験値に合わせてヒナの数を調整していただく事にしました。

制作目安としては、初心者=親+ヒナ1体、初級〜初中級者=親+ヒナ1〜2体、中級以上=親+ヒナ3体、が教室時間内に制作できる数となっています。

キットは全員共通でヒナ3体分を入れておきますので、ヒナの数を増やしたい場合はご自宅で制作してくださいねemoji

【日程】13:30〜16:30
1回目 4月1日(日)
2回目 5月6日(日)
3回目 6月3日(日)

一般受付は2月25日(日)10時〜(電話受付は13時〜)
池袋コミュニティ・カレッジ
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_717031.html

拍手[1回]

棚板制作

前回は棚の柱の制作でしたが、今回は棚板作りです。

設計図の段階では、棚板と木箱は発送、作品のみ手持ちで考えてましたが、宅急便の往復送料が1回の出展につき3,628円。3回出展したら1万超え!4回出展したら・・・と計算していくうちに「送料だけでキャリーバッグが買えるじゃないか」という考えに至り、全て手持ちに変更する事にしました(セコイ私emoji

急遽、縦長キャリーバッグを購入したので、バッグのサイズに合わせて棚板をのこぎりでカットする事に。
しかし木をまっすぐ切るのは難しいので、何か方法はないかと探していたら、100円均一でこんな便利グッズを見つけました。

おぉ!これはまっすぐ切れる!と感動したのも束の間、長さが足りない・・・
なぜ買う前に気付かなかったのかemoji
(でも途中まで真っ直ぐ切れたので少し助かった)

板の長さはそのまま活かしたいので、蝶番をつけて折畳式の棚板にする事にしました。
蝶番をそのまま付けると、開いた時に板と板の間に隙間ができてしまうので、隙間なく開きたい場合は、板の切断面を掘って蝶番を埋め込みます(とネットに書いてあった)。

木口がとにかく固い!1つ掘るのに1時間(腕が痛い〜emojiemoji

木口に色を塗り、蝶番を埋め込むとこんな感じになります。

そして閉じた板を開いてみると・・・

綺麗に開けた!

初めての作業の割にはまあまあ上出来かなemoji

と、あたかもすんなり出来たように書いてみましたが、実際は開いた時に板の高さがずれてしまい、5回もやり直したのでかなりの悪戦苦闘の末の出来ですemoji
いやー、木工作業って難しいemoji

拍手[2回]

とりのとりこ

 (ブログを書いてる人)


所属:アトリエ*torico 社長
仕事:羊毛鳥人形の先生
   ぶちょーの遊び相手
    〃 オモチャ作り 趣味:鳥人形作り
好き:チョコ・生フルーツ
嫌い:ドライフルーツ全般
   火を通したフルーツ
  (いちごジャムなど)
 

ぶちょー

 (クルマサカオウム)


所属:アトリエ*torico 部長
仕事:食べて寝て破壊活動
関係:とりこの子供
趣味:かちょーを噛んで
   喜ぶ

もっと詳しく知りたい人は...
  →ここをクリック
 

かちょー

 (とりこの夫)


所属:アトリエ*torico 課長
   &とりの家の家長
仕事:鳥かごの掃除係
   (別名:ウンコ係さん)
関係:とりこの良き夫
   ぶちょーの家来
趣味:ぶちょーに噛まれて
   喜ぶ
 

このブログの購読者になる

ブログの更新情報をメールでお届けします。アドレスを入力後決定を押してください。(管理者にアドレスは通知されませんのでご安心下さい)
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
Copyright ©  -- とりのとりこ*フェルトバード --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]